NINJA TOOLS
忍者ブログ

技術者はめくらない

色々ありましたが通常運転してゆきます。

2017/09    08« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



アポロ南沖洲店のフリープレイ告知にて「数が集まれば大会」とあったので、集まらなかったら悲しい!と何とか仕事を調整して出発しました。
今回は初めて和歌山港から南海フェリーを利用したのですが、電車と同じ位の時間(約5時間・2000円)で安く、始発も早いので一人で徳島駅付近からあまり動かない場合の選択肢としては有効だと感じました。

しかしいざ着いてみると関西プレイヤーが沢山で、私ごときが心配しなくても主宰の人望で十分盛り上がっておりました。せっかくなので大会にも参加し、くじによりR-30・バイソン、SPR・Sリュウ、雨龍・本田、さらに乱入でくすモンド・本田の意外とバランスのとれた(?)チームとなりました。

https://www.youtube.com/

一回戦 VS もふ・DJ、タカ・ケン、カワ・ガイル

一人一殺で、一人目のもふDJをバイソンが倒してくれた後を受けて、二人目に三ノ宮から遠征のタカケンと対戦。私はエンジンがかかるのが遅いのを自覚しており、今大会もバルログ戦以外一本目をすべて落としています。しかし個人戦と違って団体戦はチームメイトがいますので、迷惑をかけるわけにはいきません。そう思って、ほぼ完封されました一本目以降吹っ切れて連取。開幕に主導権を渡さなければ、立ち合いでSリュウ不利はないと信じて端に追い詰め、上り強キックで落としてリードしていきます。二試合目最後の歩き投げは、Sリュウの回転足払いの先端は弱昇竜拳もすかるのを踏まえ、一度すかして反撃→二度目キャンセル波動拳までガード→三度目下がってカウンターの波動拳と見せかけての投げという流れで、仕掛けるなら今しかないという状況だっただけに、反応されるかとも思いましたが通り、これで流れを寄せられた実感があったので、三試合目は落ち着いて勝利できました。安全飛び込みができないケンには、あえて昇竜拳でダウンさせずにその後を攻めた方がいい場合もあることを再確認できました。

次は関西のカワガイル。良い勝負で食い下がりましたが最後はガイル戦の経験の少なさが響いて負け。もっと地上戦ができるようにならないといいように押されてしまいます。


二回戦 VS れいちぇる・バルログ、はぐたん・ザンギエフ、はま・ホーク

一試合目にR-30バイソンがレイチェルバルログをあと一歩まで追いつめてくれたので、労をねぎらいつつ試合開始。昇竜拳の当たり判定が狭いリュウは地上戦ではやはり押されますが、ノーキャンセルでバルセロナを出してくるので、Sリュウの伝家の宝刀ジャンプ強キックを味わっていただく方向で光明が見えました。真上から降ってこようがお構いなしに蹴り飛ばし、三回連続の最後にこちらに向かってくるバルセロナを読んで、空中竜巻でダウンを取り、最後は択の足払いを通して勝利。

次のはぐたんザンギエフは立ち中キックを余り使って来ないタイプだったので、あまり波動拳を撃たずに済み、歩き足払いがかなり思い通りに決まりました。その足払いを読んだ飛び込みは、こちらも読んで垂直強キックを使って制圧。

最後は徳島が誇る強豪はまホークとの対戦。やってくることはわかりますが、やはり怖くて波動拳を撃ってしまい、そこを狙われます。次の雨龍本田も二回転で吸い込むホーク恐るべし。


https://www.youtube.com/watch?v=IwP5PzoqmAI

三回戦 VS おおかみ・ケン、虎・リュウ、兄ケン・ケン

R-30バイソンがニタテしたのですが、最後の最強ケンに全員が敗北。みんなそれぞれ追い詰めはしましたが、最後まで立っていたのは相手でした。場を支配する指針の明確さの差でしょうか‥


四回戦 VS もっちぃ~・リュウ、マツオ・ガイル、ガセ・ケン

先鋒のもっちぃ~リュウをR-30バイソンが幸先良く倒したのですが、その後のマツオガイルにおしくも敗れ、後続も鉄壁の要塞力の前に崩し能力が及ばず敗北。要塞過ぎる…

この四国・関西混合チームが優勝されましたが、最後まで熱戦の宝庫で楽しかったとしか言いようがありません。参加・運営されたすべての人に感謝です。


以下は上で書ききれなかったプレイヤー毎の感想です。

○ 雨龍氏・・・今回の主催者をまず外すわけにはいきません。今回はカワガイルを体力ぎりぎりからきれいに倒していたのが印象的で、本田に追い詰められたくないガイルの心理をうまくついた攻めでした。飛び道具なしキャラでガイル戦が好きなんてさすが本田使いの素質十分です。

○ R-30氏・・・前回よりガード・投げがらみの攻防など、さらに成長が見られ、Sリュウでもころっと負けてしまいました。チームの勝ち頭になるのも時間の問題?

○ くすモンド氏・・・なんと20:00に仕事が終わってから即駆けつけて22:00から参戦という超人ぶりを発揮。でも徳島周辺の宿は殆ど早々と受けつけが閉まってしまうので、宿は確保してきた方が安全だと思います。いつ連打しているのかわからないほどスムーズに出る百裂張り手、めくり攻めを許さない振り向き鬼無双等本田の性能をフルに引き出したプレイは芸術の域。

○ レイチェル氏…プレイヤーとしての参加のみならず、的確な実況で場を大いに盛り上げていただきました。動画で聞いていただけないのが残念です。

○ もふ氏・・・なんと攻略本を見ながらの参戦。もっともやる気プレイヤーと言って差し支えないでしょう。DJのめくりは何度か決まっていたので、そこからの気絶連続技を習得すれば、即戦力として活躍できそうです。

○ はま氏・・・個人的に実力伯仲、いつも僅差の良い勝負ながらも、一本取ってももう一本が勝ち切れず、最後には回されたりばっちりのコンドルダイブを当てられたりで勝利を持って行っていかれてしまう驚異的な勝負強さのホーク使い。不利キャラという概念がほとんど意味をなしていません。

○ 虎氏・・・なんと愛媛からの参戦。同じ四国じゃん、と思う方がいるかもしれませんが、電車で行こうとすると4時間以上、車でも2時間かかり、下手をすると片道でかかるお金は私とあまり変わらないんじゃないかと思われます。その熱意に敬意を表して全力でぶつかる・・・前にR-30バイソンが勝利。ちょっぴり残念・・・かな?

○ 兄ケン氏・・・やはり最強ケン、はまホークくらいにしか負けていません。若干の黒さを大幅に上回る強さ・人間的魅力はさすが世界級のプレイヤー。エンジョイパラダイス来てよ~と言われましたが、当方土日にも仕事が入りますので、不定期ですが行けるときは行きたいと思います。

○ マツオ氏・・・関西の年長でガイルも熟練の極み。私が2009年ごろ長瀬UFOに行っていた(行き出してすぐになくなってしまった・・・)ことを覚えておられました。(エンジョイパラダイスに)昔の仲間もいます、という言葉は何気なくおっしゃったかもしれませんが、ちょっとじんときました。

○ ガセ氏・・・兄ケン氏とひたすら熱いケン対決を繰り広げていました。ケンは同キャラ戦の中でも面白い、という意見がわかる気がします。

宿泊地・・・ハイパーイン徳島東船場。徳島駅から徒歩約15分、徳島港からバスと徒歩で約30分で一泊3800円(朝食付)。さらに無料レンタサイクルありで、アポロ閉店後の足にも困らないというなかなかのコストパフォーマンス。個人で行く場合の選択肢としては魅力的です。

拍手[0回]

PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント

[12/06 隆超(SPR@奈良)]
[12/06 隆超(SPR@奈良)]
[12/06 キヨモ]
[04/18 セル]
[04/18 SPR]

プロフィール

HN:
初霜若葉(SPR@奈良)
性別:
男性
職業:
塾講師(数理系)、設備機器設計を経て、2015年から機械メンテナンス系
趣味:
合気道(合気会・初段)・茶道(淡交会・上級)等を嗜んでいます
自己紹介:
自転車乗りで猫好き。初霜若葉は俳号に、SPR@奈良はスト2他プレイヤーネームに使用。Sリュウ・ダルシム・春麗を使い全国のスト2有る処に現れます:建築設備士・合気道初段・茶道助講師
Ride a bicycle, like cats,play SSFⅡT(O.Ryu,Dhalshim,Chunli),training Aikido,Chado.

忍者カウンター

P R

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 技術者はめくらない --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]