NINJA TOOLS
忍者ブログ

技術者はめくらない

色々ありましたが通常運転してゆきます。

2017/10    09« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 
会議後の飲み会で日本酒を(自分にとっては)かなり飲まされて、とても若干前後不覚になりながら21時30分過ぎに蒲田へ。ちょうどついたころにフリープレイが始まり、閉店までお世話になった。

○ 蒲田リュウ氏・・・最近大きな大会でご活躍されたとダイ氏から聞いた。逃げと攻めのメリハリがあり、なかなかこちらのペースにとらえられないし、攻めても慌ててくれない。何勝かはしたが、負けの方がずっと多い…。

○ こたか商店氏・・・前々回「せっかくですから全二ガイルを体験していってください」と、エム☆ビー氏から紹介されてボロボロにされた。対応型キャラは、相手の経験値が自分をかなり上回っていると、何をしても殆ど正解を選択されて、読み合いにすら持ち込めないんじゃ、という絶望を味わわされる。Sリュウの方がまだ戦えたが、それでも全然勝てていない。

○ 水色ブランカ使いの方・・・ねも?氏。よく聞き取れなかった。もと横浜の方でやっていた方らしい。負け越しはしたが、そこそこ勝てた。Sダルシムのブランカ戦を、そこそこ形になるまで持って行かせてもらえて感謝。以下戦後感想


SリュウVSXブランカ

ブランカ側は、

①アマゾンリバーラン(斜前下強P)は攻撃判定よりも食らい判定が上方向に大きく、半端にジャンプ滞空が短く、通常時に前に進む無敵技が存在しないため、弱波動を避けることが困難で、見てから前に飛ぶと、中距離なら正拳突き(遠立中P)、遠距離なら飛び横蹴り(前飛強K)でほぼ完全に撃墜される
②ビーストキック(遠立弱K)以外の技は、リュウのしゃがみストレート(下中P)に勝ちあうとほぼ一方負けし、せっかくローリングが当たっても、リバーサル(ぎみ)強波動で反撃確定

と、立ち回りでかなり分が悪く、

①何とかダウンを奪って、移動ローリングからの表裏択から気絶。
②ぎりぎり空ぶる弱・中ローリングからワイルドファング(噛みつき)
③飛び道具を完全先読みして飛び込み。

あたりを無理にでも決めないと勝ち目がない。ダウンを奪う主力兵器はリバーランなので、まずは近距離でしゃがみガードをしっかりと固め、リバーランを食らわないことを考える。リバーランは先述のとおり食らい判定が大きく、終了時に立ち状態の隙もあるため、キック(下弱キック)連打で防止したり、逆に読み切っていれば、竜巻で抜けつつ終わり際を蹴り逃げしたりもできるが、ガード後はこちらの波動拳をガードするしかないので、食らわなければ十分。これをまずしっかり意識していると伝わると、ブランカ側はガード崩しに②か③を強引に狙ってくる。弱空かしは正拳突きで牽制していても、時々食らってしまうが、即負けには繋がらないので諦める。中
空かしは端同士位離れていないとだめだが、その距離になったら波動を撃ち、飛ばれても着地後に波動連打で離せるので問題なし。③も気絶連続技が入るくらいの距離で撃ってしまったら自分を責めるべきだが、飛び一発入るだけなら諦める。撃っていない時に飛んできたらきっちり対空。こんな感じでペースを握れた時は大体勝てたが、やはり一度のダウンで死まで行きかねないので、どうしても負けてしまう時はあった。できるだけその頻度を少なくしたい。


SダルシムVSXブランカ

ダルシムが正解を選び続けられれば完封、失敗すると死亡までありという、スト2らしい対戦。読み合いの起点はヨガファイアで、これを撃った後のブランカの行動に対応していく。

①サバイバルキック(前飛強K)は如何にも強そうに見えるが、足の先っぽにしか攻撃判定がないため、手刀水平チョップ(遠立弱P)で撃墜し、ヨガファイアを重ねてペースを取れる。
②フィストドロップ(前飛弱P)は空中のぶつかり合いで強いが、下ががら空きなので、スライディング(下強K)でダウンを奪ってドリル重ねか、ヨガテレポートで逃げる。
③サバイバルクロー(前飛強P)はスライディングを潰すが、前方向に長くないので、バックジャンプして、少し待ってズームパンチ(後飛強P)で撃墜。相撃ちになるとダメージ負けするが、ガードすると噛みつきとビーストテイル(下強K)の二択がくるので我慢。
④垂直ジャンプは着地にしゃがみズームパンチを当てられるが、無理せずガードさせるか、様子見でも十分。

地上戦では判定の強いビーストキックと、ズームキックとヨガファイアををかいくぐるリバーランが厄介だが、前者は弱攻撃なので気にしない。後者は近づかれたらズームパンチを使えば勝てる。読み負けが重なって、近距離から飛ばれた場合、間違って遠距離技が出ると死亡まであるので、テレポートで逃げるのが一番いいが、失敗すると…めくるほどの近距離ならば、起き上がりに重なっていなければスライディングでも逃げられる。

結局、単体の技だけみると、ダルシムが高性能だが、一発の重みが違いすぎるので、実際にやるといい試合になり、最後までなかなか勝ちきれない。攻められるときは、ダルシムもドリル・スラ投げ等で攻めた方が、結果的に期待値はいいかもしれない。

拍手[0回]

PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新コメント

[12/06 隆超(SPR@奈良)]
[12/06 隆超(SPR@奈良)]
[12/06 キヨモ]
[04/18 セル]
[04/18 SPR]

プロフィール

HN:
初霜若葉(SPR@奈良)
性別:
男性
職業:
塾講師(数理系)、設備機器設計を経て、2015年から機械メンテナンス系
趣味:
合気道(合気会・初段)・茶道(淡交会・上級)等を嗜んでいます
自己紹介:
自転車乗りで猫好き。初霜若葉は俳号に、SPR@奈良はスト2他プレイヤーネームに使用。Sリュウ・ダルシム・春麗を使い全国のスト2有る処に現れます:建築設備士・合気道初段・茶道助講師
Ride a bicycle, like cats,play SSFⅡT(O.Ryu,Dhalshim,Chunli),training Aikido,Chado.

忍者カウンター

P R

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 技術者はめくらない --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]